イキルブログ

イキルのセミリタイア挑戦記

新卒社会人イキルが何とか人生を生きていくための学びと成長を発信していきます。偏差値低くても目指せセミリタイア!

【節約】働きたくないなら節約するのが一番の近道です。

f:id:ikirunozinsei:20200412120857j:plain

こんにちは、イキルです。

 

本当は働きたくない(今ほどは働きたくない)のに、生活がカツカツで生きるために働かないといけない人は世の中に沢山います。

  • 「毎月お金が無くてギリギリ、この調子じゃいつまでたっても生活が豊かにはならないよ。節約をもっとしないといけないのは分かってるんだけど…。」
  • 「本当は働きたくないのに無理して働いてます。それでもお金が貯まらない…」
  • 「食費抑えたりとか、節約はもうやってるつもりだけど全然貯金が増えないよ…」

 

今回はそんな悩みに答えます。

 

この記事では、節約が働かなくてもよくなることにつながる理由を解説します。

 

また、節約を上手く利用することでセミリタイアをぐっと近づけることが出来ると思います。

 

私自身節約に関しては特に気を使っていて、実家を活用することで月に5万円程の出費で生きているため、月収の約7割とボーナス全額を貯蓄、投資に充てられています(笑)

 

 

働きたくないなら節約するのが一番の近道です。

いくら働いても中々お金が貯まらないという状況なら、まず間違いなくお金を使いすぎている生活をしてしまっているはずです。

 

どれだけ稼いでも、収入を上回る支出があれば、絶対にお金はたまりません。

なので、お金を貯めて資産を増やし、ゆくゆくはセミリタイアを目指すのであれば、まずは支出を減らして、少しでも多くの資産を作ることが大切になります。

 

私も、収入の大半を貯蓄、投資に充てています。

 

出来れば若いうちにセミリタイアすることを目標に日々生活しているので、不要な支出は極力削減するように気を使っています。

 

そうはいっても「すでに節約については意識していて、それでもお金が貯まらない」と言う人も居るかもしれません。

 

確かに、中には『どう考えても貯金の出来ない状況』になっている人も居るでしょうが、大半の人は、意識しているだけで、状況を大きく変えるような具体的な行動していないことがほとんどでしょう。

 

  • ポイントはしっかり貯めている。
  • 食費を気にして削っている。
  • 外食しないようにしている。

そういった変動的な節約にこだわりすぎていて、もっと重要である固定費の削減をおろそかにしていないでしょうか。

 

その辺をしっかり見直すと、貯金しやすい環境に代わっていくと思います。そして、生活費が下がることでセミリタイアのハードルがぐっと低くなっていきます。

 

【簡単】私が行っているオススメの節約について

現在私が行っている節約の方法は、次の通りです。

 

  • 誰になんと言われようとも実家に住む。
  • 食費は基本的には惜しまない。
  • 生活費の目標は手取り月収の3割まで。
  • 財布にあらかじめ月の生活費の予算を入れておく。

 

こんな感じです…。

まぁ多くの社会人の人なら違和感のある節約方法だと思います。

 

ポイントカードも使ってないし、食費を節約したりもしてないし、なにより実家暮らし前提かよ!!とお怒りになると思います(笑) 

 

ですが、声を大にして言いたいのは、家賃はバカみたいに高いという事実(一人暮らしで月6万とか…信じられない)で、対処法として実家に住むという、実家があるなら超簡単な方法で削減できるという事です。

 

正直現代のサラリーマン程度の収入(年収400万円未満とか)で、無理して一人暮らしとかやらない方が良いと思います。

 

ましてや日々頑張って節約して、光熱費、水道代、食費、通信費、保険…etc色々頑張って削減した結果、月4万円とかで事足りるようになったとしても、家賃で6万とか取られていたら悲しくてやってられませんよね!!

何のために節約生活してるんだって話です…。

 

それなら、ちっぽけなプライドなんか捨てて、その家賃分もお金を貯めたり投資に充てて、一刻も早く資産を構築してセミリタイアに踏み切った方がよっぽど有意義な生活が出来るようになります。(月6万×12か月=72万円が浮くことになります。10年で720万円です!)

 

どうしても一人暮らしをしなければならない人も、家賃を抑えることは節約するにあたり一番重要で効果の高い項目なので、出来るだけ安い物件に引っ越すことも検討してみて下さい。

 

やっぱり固定費の削減が一番大事です!

 

ちなみに、月の生活費をあらかじめ引き出して置き、(引き落としで支払う物がある場合は、それらも加味した金額を引き出す)財布に入れておくという工程では、会計時の計算やレシートの保管など、管理が面倒になって放り出さないようにするために、使いやすい財布を使用すると良いと思います。

 

↓こんな感じで整理しやすい財布がおススメです。 

SALE価格★年間ランキング受賞★送料無料 長財布 レディース 財布 レディース 多機能財布 牛革 ギャルソン財布 大容量 ギャルソンウォレット とにかく 使い やすい 長財布 ガバっと開く 小銭入れ 大きく開く小銭 入れ が 大きく 開く 長 財布 ≪メール便≫

価格:5,680円
(2020/5/6 00:45時点)
感想(4571件)

 

【関連記事】

ikirubrog.hatenablog.com

 

ikirubrog.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【盲点】セミリタイアするなら資産額だけにこだわってはいけない理由

f:id:ikirunozinsei:20200406191057j:plain

こんにちは、イキルです。

 

セミリタイアに踏み切るための資産額っていくらぐらいあればいいものなのか…。

 

これについては色々な考え方があると思います。何歳まで生きるのか、年間どれぐらいの生活費がかかるのか…。疑問は尽きないと思います。

 

例えば、

  • 「一億円あったらセミリタイアなんて余裕だよね(^^♪」
  • 「今1000万円あるけどセミリタイアに踏み切っても大丈夫かな」
  • セミリタイアって結局いくらあれば大丈夫なの?」

こんな感じで色々と思う所はありますよね…。

 

そこで今回は、こういった疑問について考えてみたいと思います。

 

この記事を読むと、自分に合った資産運用、セイミリタイアの方法が何となくですが、見えてくるようになります。

 

また、セミリタイア後の生活を豊かにするために、資産額を気にすることよりももっと重要な要素についても分かるようになります。

 

 私自身セミリタイアを目指していて、様々な副業、不労所得構築を頑張っていて、資産額だけにとらわれないことの大切さについて身を持って実感しています。

 

それでは行きましょう。

 

 

セミリタイアするなら資産額だけにこだわってはいけない理由。

セミリタイアするにあたって、資産と言うのは非常に重要な役割を持っています。それは否定のしようがありません。

 

ですが、すでに持っている資産よりも、重要なものがあります。それが不労所得です。

 

資産がいくらあったとしても、毎月生活するにつれてお金が減っていくというのは非常にキツイものがあります。また、お金を使うのは簡単なことなので、「十分だと思っていた資産額でも実際には全然足りなかった…」なんてことになってしまうかもしれません。

 

なので、純粋な資産額よりも、毎月の不労所得をいかに確保するかがセミリタイアをする上で重要な要素になると考えます。

 

例えば、資産を1億円持っていたとしても、毎月生活費に40万円以上も使っていくと、大体20年で資産が尽きてしまいますよね…。これでは一生お金に困らないかというとそうではないと言わざるを得なくなります。

 

とは言ったものの「資産額が使い切れないぐらいあるのなら、不労所得なんてあっても無くても同じだろう」という意見にも一理あると思います。実際資産が極端に多ければ、生涯通してお金に困らない生活が出来ることは間違いありません。

 

ですが多くの場合、サラリーマンが必死に貯めたお金程度(一億円未満)でセミリタイアをすることになるので、使い切れないほどの大金を手にしているというのは考えずらいですよね。

 

その程度の資産では、ちょっと気を抜いたらすぐにお金が無くなってしまうと思います。

 

それなら、何かの拍子に食いつぶしてしまう可能性のある資産額を重視するよりも、毎月の安定収入を得て生活することを重視したほうが、セミリタイアを目指す人にとっては都合がいいと思います。

貯金が多いことよりも、不労所得が多いことの方が大切だと思う。

 先程の話の続きですが、不労所得が重要な理由として、もう一つ大切なことがあります。それは、資産が減っていくストレスを感じにくいという事です。

 

そもそも何のためにセミリタイアがしたいのかと言うと、大抵の場合は仕事から解放されて、『ストレスのない』生活を送りたいからだと思います。

 

にもかかわらず、毎月のように資産が少しずつ減っていき、そのたびにストレスを感じてしまっては意味がありません…。何のためにリタイアしたんだ…なんてことになりかねません。

 

「いくら配当金などで、不労所得があるからと言って、これがいつまでも続くとは限らないだろ」という意見もありますが、実際資産が着実に減っていく生活と、ある程度安定した不労所得が貰える生活では、天と地ほどの差があるでしょう。

 

私自身、今はまだ生活費のほんの一部を配当金で補っているだけですが、それでもかなりの安心感はあります。配当金のおかげで、これから先も一部の生活費の支払いには困ることが無いという安心感です。

 

なので、私は不労所得を得られる資産運用を目指して行動した方が良いと思っています。

セミリタイア生活において、収入源を複数持つことはとんでもなく重要なこと。

不労所得とも通づるところがありますが、セミリタイア後の生活を上手く送れるかどうかは、「リタイア後の収入源」にかかっています。

 

先ほども言った通り、いくらお金を持っていても、少しずつ減っていく(人生終了へのカウントダウン)状況に必ずストレスを覚えます。そこで必要になるのが、リタイア後の生活を支えてくれる収入源です。

 

例えば、不労所得を得ようと思うと配当金や不動産所得などある程度の資金を必要とするものが多いですが、これを作るのは容易ではありません。ですが、時間さえかけられるのならリタイア後の収入源を確保することはそこまで難しいことではありません。

 

セミリタイアという事は、すでに会社を辞めているので、圧倒的な時間の余裕が生まれます。その時間を使ってブログを育てたり、クラウドソーシングや簡単なアルバイトなどを適度に行うことで、様々な種類の収入を得ることが出来ます。

 

↓収入の柱の一つにクラウドワークスを考えてみましょう。

CrowdWorks(クラウドワークス)

 

それぞれ単体では大した収入にはならないでしょうし、いつ途切れてもおかしくないような収入源ばかりです。

ですが、それらを組み合わせることで完全に収入が絶たれる心配をしなくても良いようになります。お金が無くなる心配が無くなります。そうすれば、本来の最重要目的である『心穏やかにセミリタイア生活を満喫する』ことができるようになるはずです。

 

 【関連記事】

ikirubrog.hatenablog.com

 

ikirubrog.hatenablog.com

 

セミリタイアするための資産運用の手段は、「理想」で決まる。

f:id:ikirunozinsei:20200405221902j:plain

こんにちは、イキルです。

 

今回は、セミリタイアしようと考えた時に一番悩むであろう、「資産の運用をどうするべきか」という問題について考えます。

 

セミリタイアのための資産運用というと、次のような疑問が生じると思います。

セミリタイアしたいけど、やっぱり貯金だけじゃダメなのかな?」

「投資は絶対にやらないといけないの?」

「貯金だけじゃなくて、不労所得は必須なのかな?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

 

この記事を読むと、セミリタイアするにあたっての資金の考え方が分かります。

また、資産を効率よく増やしていくオススメの資産形成の方法についても紹介したいと思います。

 

私自身、セミリタイアを目指して日々貯金、投資を行っています。新卒の時でも中小企業のサラリーマンとしての収入だけで年間150万円以上の資産形成に成功しています。

 

それでは行きましょう。

 

 

セミリタイアするための資産運用の手段は、「理想」で決まる。

資産をどう運用するべきかと考えた時に、結論としては、「リタイア後の理想の生活を送れる形で運用する」という事になります。

 

セミリタイアをしたいと思い立った以上、絶対に理想とするセミリタイアの形があると思います。

  • 毎日ひたすらダラダラしたい。働きたくない…。
  • リタイアと言っても、週4ぐらいは働いていたい。

なんでも構いません。

ですが、これらの理想と合致した資産運用をしなくては、資産を持っている意味がありません。

 

例えば、すでに老後資金含めて十分なお金を持っている人で、リタイア後はアルバイト等はほとんどせず、貯金を取り崩して生活することを前提としている人がいたとします。
 
そんな人が、貴重な貯金を「全力で株式投資などに回してしまう」と、お金が減ってしまい計算が合わなくなったり、取り崩すお金が無くなってしまい、生活自体が困難になってしまうことが考えられます。

 

逆に、配当金を受け取り、不労所得で生活することを前提にセミリタイアのプランを立てている人は、貯金としてお金を持っていても何の意味もありません。預金だけしていては、お金はほとんど増えませんし、配当金なんかもらえませんよね…。

 

とはいっても、結局どの運用が正しいかなんて、誰にも分からないという意見もあるでしょう。

 

実際に、配当金狙いで運用していても思うような配当金が出なかったり、貯金で足りると思っていても、不慮の事態で想定以上の出費を迫られてしまうこともあるかもしれません。こればかりはどうなるか分かりません。

 

それでも、資産運用については考えて損は無いので、ぜひ理想に適した運用を心がけていきたい所です。

私は極力働きたくないので、「不労所得」を目指している。

私は、セミリタイア後は株式の配当金からの不労所得と、ネットでの副業からの収益で生活費を補っていきたいと考えています。

 

私は学生の時から、「場所と人を拘束された状態での仕事」というものが生理的に受け付けないので、出来るだけ労働者としては働きたくないと思っています。

 

コンビニの時なんか最悪で、精神的な病気にはなるし、給料は安いしでいいところが一つも見つかりませんでした。今やっている正社員としての仕事も最近メンタルと肉体的に限界を迎えつつあるので、いつ辞めてもおかしくない状態です(笑)

 

世の中そんなに甘くないという大人が多いですが、最後まで人生を生きてない人には何も言えないと思っていますので、気にせず不労所得を積み上げつつ、ネット収益を確保しつつ着々とセミリタイアに向けて走り続けていきたいと思っています。

 

↓ネットからの収入に関しては苦戦中です(笑)

ikirubrog.hatenablog.com

投資も大切だけど、副業もして資産形成の速度を加速させていくべき。

サラリーマンとしてお金を貯めるのにはやはり限界があります。そこで、副業することを考えて少しでも収入を増やすことも投資する以上に大切なことだと考えています。

 

私は大分頑張って、中小企業の会社員として、年間150万円の資産をふやすことが出来ましたが、それでもセミリタイアを決行できるようになるには、まだまだ心もとない資産額です。

 

正直これっぽっちじゃほとんど意味がありません。配当金だけで生活したいなら、私の場合大体4000万円ほどの資産が必要になります…。

 

今のペースでは、4000万円たまるまでには大体25年程度かかる計算になってしまいます。とてもじゃないですが、こんなに耐えられません(笑)

 

今の時代、会社員をやりながら副業出来る手段はいくらでもあります。

 

自宅で出来る代表的な副業が、クラウドソーシングなどのネットでできる副業です。単価が低いことが弱点ですが、暇な時間に少しずつ作業していきつつ腕を磨けば、これだけで食べていくことも可能な副業になり得ます。

 

↓『クラウドワークスで毎月の収入を増やそう!』

クラウドワークス

 

他にも、変わったスキルを持ってるなら、ココナラnoteなどで販売すると、結構良いお金になる可能性があります。いろいろとやってみると思わぬ収益を得られるチャンスに繋がります。

 

↓『ココナラで得意なことを売ってみよう』

スキルのフリマ【ココナラ】

 

副業を上手く利用することで、収入upを狙えたり、セミリタイア後の貴重な収入源になる可能性もあるのでぜひ挑戦してみることをオススメします。

 

【関連記事】

ikirubrog.hatenablog.com

ikirubrog.hatenablog.com

ikirubrog.hatenablog.com

 

【オススメの目標設定】「達成できた目標」の共通点はどんなものだったか。

f:id:ikirunozinsei:20200331235200j:plain

こんにちは、イキルです。

 

唐突ですが、私は今までたくさんの目標を設定して生きてきました。

まぁ、そのほとんどが失敗に終わってるんですけどね(笑)

 

例えばゲーム実況者を目指してyoutubeに動画を投稿してみたりとか、フリーゲームを作ってみようと志してみたりとか、色々とやってきました。

 

↓その辺の失敗談はこちら

ikirubrog.hatenablog.com

 

大半は失敗に終わりましたが、そんな中でも達成できた目標もそれなりにあります。そして、今にして思うと達成できた目標には共通点がいくつかあるように思います。

 

今回は、私が達成できた目標の共通点について、目標の上手な立て方も含めて考えていきたいと思います。

 

目標をうまく立てられない人の参考になれば幸いです。

 

 達成できた目標の共通点その①:悩んで決めた目標

簡単に言うと、思いつきではなく十分な時間悩んで決めた目標の方が達成しやすいという事です。

 

当たり前っちゃ当たり前ですが、その場のノリで決めた目標よりも、悩みぬいて考えた目標のほうが自分に合った目標設定になっていることが多いからです。

 

例えば、カラオケに行ったときに、「歌が上手くなりたい」からといって、「歌が上手くなるように頑張る」なんて目標を立てたとしてもまず達成できません。

 

自分がどんな歌が好きで、どんな歌を上手くなりたいのかを悩みながら考えて、「○○という歌手の××という歌を上手く歌えるように練習する」といった目標の立て方をした方が、達成率は格段に上がります。

 

達成できた目標の共通点その②:数字を含めた、とにかく具体的に決めた目標

①とほとんど同じですが、目標は具体的であれば具体的であるほど達成しやすいです。

 

また、数字で分かりやすくまとまった目標を設定することも、達成するまでのフローが見えやすいのでオススメです。ゴール地点が明確なのも良いところです。

 

その目標を「達成するためにどんな行動をすれば良いのか」まで考えておくと、私もそうですが、皆が苦手な「動き出し」がスムーズになります。期限を設けたりしておくと、集中力が続きやすくてなおいいです。

 

参考までに、良い目標設定の例を紹介します。

  • 「今日から一年間で、100万円の貯金を作る。」そのために、毎月の収支を家計簿につけて無駄が無いか把握しつつ、貯金専用の口座を開設し、毎月自動で引き落とされるようにする。
  • 「イラストを上手く書けるようになりたい」上手く書けるようになるために、とりあえず1か月間は毎日、一日1枚はイラストを描いて、Pixivに投稿する。

 

こんな感じの目標なら行動にも移しやすいので、達成できる確率はかなり高めだと思います。

 

ちなみに私はゲーム実況をやっていた時、「夏休みの間は一日2本は動画を投稿する」という目標を立て、見事平均一日3本ほどの動画投稿を継続することが出来ました(笑)

 

達成できた目標も共通点その③:運を必要としない目標にすること

運に結果が左右されるようなものは、目標としてはあまりふさわしくありません。

全く運要素の無い目標は無いのかもしれませんが、「宝くじで7億当選する」みたいなものを目標に据えるのは得策ではないでしょう。

 

自分で結果をコントロールできないと、目標を設定する意味がありません。「○○円貯めるとか、××が出来るようになる」といった目標でないと、それに向かって努力のしようがないので、大抵は失敗に終わります。というか、次の日には忘れています(笑)

 

ダメな目標の例

  • 宝くじで7億あてる!
  • パチンコで10万稼ぐ!
  • アイドルと結婚する。(特に何も行動しない)

 

達成できた目標の共通点その④:行動を変えた延長線できた目標

 確かアインシュタインの言葉だったと思いますが、「今までと同じことをして、違う結果を望むことを狂気と言う」と言っています。

 

これには私はとても共感しまして、考えてみりゃそりゃそうだなぁと思う所が多々ありました。

 

普通に考えて、今までと同じような日常を繰り返しつつ、会社に行って帰ってきて酒飲んで寝る…。そんな生活をつつけているくせに、「なんかいいことないかな~」なんて考えていてもそりゃ何にも起きるはずありませんよね(笑)

 

今までとは違う行動をして初めて、別の結果を得られる可能性が生まれるわけです。これを理解していれば、行動を変えずして、目標だけいっちょ前に立てたところで何の意味もないことは自明の理です。

 

目標を達成するというのは、あくまで行動を変えた延長線上の話なので、何よりも優先するべきことは、まず行動を変えること、つまり今までとは違う事をするという事です。そうやってできた目標は、自分の状況に沿ったものになるので、達成できる可能性がより高くなります。

 

達成できる目標の共通点を挙げてみましたが、特に重要なのは、具体的に自分の行動に沿った目標を設定することです。目標設定をする際にはぜひ参考にしてみて下さい。

 

【関連記事】

ikirubrog.hatenablog.com

ikirubrog.hatenablog.com

ikirubrog.hatenablog.com

 

【勝ち組】ニートという生き方も、やり方次第で最高の人生になる

f:id:ikirunozinsei:20200329165710j:plain

こんにちは、イキルです。

 

フリーランスやyoutuber、インスタグラマーなど自由な働き方が世間で話題になる中、いつまでたっても負の象徴として話題に上がりつつける存在がいます。

 

お分かりですね…ニートです。

 

相変わらず偏見にまみれていて、まるで犯罪でも犯したかのように叩かれます。

  • ニートはクズ(無条件)
  • 無収入で親のすねを齧る悪い奴
  • いつもまでたっても子供のまま
  • 子供部屋おじさん(笑)

そんな風に、世間からつまはじきにされて、忌むべき存在のように扱われ続けています。

 

就活に失敗した学生が、「このままニートになるぐらいだったら死んだほうがまし」と嘆いたりしているのを見ていて思うことがあります。

 

ニートの方が会社員の数十倍は幸福だと思うんだけど…」

 

確かにニートは毛嫌いされていますが、会社員では絶対にできない生き方を選択できる最高の環境にいて、やり方次第で最高の人生を生きられる可能性を秘めた存在だと思っています。

 

今回はニートとしての生き方について書いてみたいと思います。

 

 ニートはなぜこんなに叩かれるのか

そもそもなぜニートはこんなに叩かれるのでしょうか。

 

疑問に思ったことはありませんか?別に悪いことは何にもしてないですよね…DVとかがあるなら問題かもしれませんが、大抵はおとなしく引きこもっているだけです。

 

でも何となく察しは尽きます。皆羨ましいんですよホントは…働かないでも生きていられることが。

 

自分が必死こいて働いてやっとの思いで生活しているのに、親のお金でのうのうと生きていられることに嫉妬している人が大半だと思います。

 

税金を納めてないのにサービスだけは受けるとかいろいろ理由は挙げられていますが、結局のところ、「自分だけ楽しやがって」というのが正直なところなんでしょう。

 

だからみんなこぞってニート叩きをして、納得しているんです。「自分は頑張ってる。これが正しいんだ」ってね。

ニートこそチャンスに満ち溢れている

私は今現在ニートをやっている人が羨ましくてしょうがありません。

 

一度就職してしまった私は、様々なバイアスや、家族の期待的なものでがんじがらめになり、セミリタイア資金が貯まるまで、会社を辞めることが非常に難しい状況になってしまっています。

 

心の中ではわかってはいるんです。このまま会社員をやっていても、ストレスにまみれて(ちょっとしたブラック企業です)腐ってしまうことが…。給料だって雀の涙です。

 

それに、私はチームプレイが苦手な性分ですので、会社の仕事というものは全く性に合いません。おそらく一人でチマチマブログ更新をしたり、他のビジネスを習ったりした方が最終的には良い収入を得られそうな気がします。少なくとも幸福な人生を歩めると思います。

 

現在ニートという事は、会社に属していないことになります。これがどれほど恵まれたことか考えてみてほしいです。

 

ブログを書いても「副業禁止!」とか会社に文句を言われることもなく、週7日すべての時間を自分のためだけに使えるという環境は、会社員では絶対に掴めない圧倒的なアドバンテージになります。

 

↓頑張って働いてもこの程度の給料しかもらえない人も居ます…。

ikirubrog.hatenablog.com

 

時間が無限にあるという強みを生かせば、会社員以上の収入を得ることはそう難しくも無いかもしれません。

 

その辺のニートとは一味違う「ネオニート」を目指そう!

※ここでいうニートは、「働く意思のない人」のことを指しています。

 

ニートと言えば、自堕落で朝から晩まで、なんなら夜中もゲーム三昧。基本寝るかゲームしかしない…。そんなイメージが強いですが、世の中には会社で働いてないのにお金を稼ぐ「ネオニート」と呼ばれる猛者が存在します。

 

会社からの給料に依存せず、自分で稼げてしまうような人のことですが、株取引や不動産投資で不労所得を手にしていたり、アフェリエイトなどで稼いでいたりする人をイメージします。

 

現在ニートである人が抱える一番の問題は、お金が無いことです。要は、この点を自宅に居ながら解消できればニートの中でも上級のニートへとランクアップすることが出来るようになるのです。

 

自宅で稼ぐとなると、なかなか難しい気がしますが、小銭程度なら案外簡単に稼ぐことが出来ます。

 

こんなショボいブログですら、小銭程度は稼いでくれます(笑)

 

私の場合残業マシマシの会社で働きながらのブログ更新ですので、毎日一日中作業できるニートなら、さらにスゴイ成果を上げることも可能だと思います。

 

自宅で稼ぐというと、ネット版の内職であるクラウドソーシングなんかは、やった分だけ収入になるので、ニートの最低限の小遣い稼ぎにはうってつけです。ブログが成長するまでの足しにはなると思います。

 

クラウドソーシングをやってみたい方はこちらから

クラウドワークス

 

そのほかにも稼ぎ方はいくらでもあるので、自分に合った方法を探してみて下さい。ただ、「一日で50万!!」「ワンクリックで100万円!!」みたいなものは全て詐欺か、しょうもない嘘なので気を付けて下さい(笑)

 

【関連記事】

ikirubrog.hatenablog.com

 

ikirubrog.hatenablog.com

 

 

 

 

【脱ニート】アルバイトを始めるのが怖い時にオススメなバイト

f:id:ikirunozinsei:20200329012525j:plain

こんにちは、イキルです。

 

現在ニートで「そろそろ働かなきゃな…」と思っている人が必ずと言っていいほどぶち当たる壁があります。

 

それが、「働くのが怖い」という感情の壁です。

 

私もさんざん悩みましたし、今現在もこの恐怖感というか圧迫感は拭えずにいます。

私がこれを完全に克服する方法は、仕事を辞めて、もう働かないようにするという方法しかないと思っていますが、それでは生活が成り立たないため、最小限の労働は仕方がないと割り切るしかないと思います。(今回のタイトルとは少し矛盾している感じがしますけど…)

 

なので、少しでも働く時間を減らして楽に生きるためにセミリタイアを目指しています。

 

↓資金が無くてもこんな感じの生活なら可能です。

ikirubrog.hatenablog.com

私は今現在ニートではありませんが、働くのが怖い気持ちは痛いほど分かります。

 

実際雇われて働くと、嫌なことは絶対にあると思います。

ただ、耐えられるストレスと耐えられないストレスでは違いがあるので、ニートに近い感性を持つであろう私が、おススメのアルバイトや稼ぎ方を紹介して、極力ぬるま湯のような環境で仕事が出来る方法を考えたいと思います。

 

 接客業はやめとけ(ニートには無理ゲー過ぎる)

まず第一に、基本的にニートの人は人としゃべることが苦手です。そうではない人も居ますが、大きな声を出すこと自体に抵抗のある人が大半でしょう。

 

ただでさえ、仕事をしているという緊張感がある中、大きな声で、しかも笑顔で接客をしなくてはいけないというのはかなりのストレスになります。

 

実際私も2回ほどコンビニで接客をやっていましたが、その時のストレスがトラウマのような感じになり軽度ではありますが「吃音症」のような症状を発症してしまいました。これには今でも苦しめられています。

 

また、賃金も安いことが多く、その割にはオーナーが異常に厳しかったりと割に合わないことが多いので、全くおすすめできません。

 

クレーム対応なんかを投げられた時にはメンタルが崩壊しかけました。接客業は絶対にやめた方がいいですよ…。訳の分からんクレーマーとか腐る程いますので…。

 

 ↓コンビニバイトの記事です。

ikirubrog.hatenablog.com

 

オススメバイト①:治験(ニートにこそ適正あり)

正直今までニートだった人がアルバイトを始めようとしたとしても、あまり雇ってくれるところが無いかもしれません。そんな時でも、出来そうなものが治験です。

 

アルバイトというよりは、お金を貰えるボランティアのようなものです。何よりおすすめなポイントは、「何もしなくていい」という所です。

 

あらかじめ予約をしておき、薬を投与したら、経過観察を見てもらうというだけなので、やることは特にありません。会場に向かって帰る力があれば事足ります(笑)

 

薬を投与するといっても、花粉症の薬とか、なんならシップを張って異常が起きないか確認するなんてものもあるので、ハードルがとにかく低いのが特徴です。

 

稀に一週間程度泊まり込みで経過を見るような治験ボランティアもありますが、そういった場合10万円以上の謝礼を受け取ることも出来るので、正直他のバイトより稼げてしまうこともあります。

 

なお、拘束時間中は何をしていても良いので、その間にブログを書いたり等有意義に使えば、さらに収入を増やすことにも繋がるかもしれません(笑)

普通にゲームとかやってても良いですしね。家族の目も無いのでニート的には最高の生活です(笑)

 

私の知っているセミリタイア成功者の中には、退職後の仕事(収入源)を治験のみで補っている人も居るぐらいなので、割のいい稼ぎ方だと思います。

 

↓治験の申し込みはこちらから

治験モニター募集

 

オススメバイト②:クラウドソーシング

これまた変わり種ですが、クラウドソーシングなんかも低負荷でできる仕事の代表的なものだと思います。

 

そもそも「バイトなのか?」という疑問がありますが、決まった仕事をして決まったお金を貰うというスタンスですので、まぁバイトっていう括りで良いんじゃないですかね笑(適当)

 

クラウドソーシングのメリットは、

  • 場所を選ばず仕事が出来る←会社に行く必要が無い
  • やった分だけの報酬を受け取れる←ブログのように変動しない
  • 必ず収入になる←頑張っても稼げないなんてことは絶対に無い
  • なんかかっこいい

 

逆にデメリットは、

  • 単価が低い(スキルとやる気が無いと時給200円とかもザラ)
  • パソコンが無いとできない

こんな感じですかね。

 

私自身はあまり当てにしてなかったのですが、会社を辞めた友達が食っていくために一時期やっていて、やった分だけお金になるという事がどれだけ素晴らしいことか熱く語っていたので、何もしないよりは絶対にやった方が良いと思います。

スキル次第では会社員以上に稼ぐ人も居るらしいので、一度試してみた方が良いと思います。

 

どちらかと言うと、収入の柱の一つとしてとらえた方が良いですね。治験と並行してやっていくと一石二鳥です(笑) 

 

クラウドソーシングの登録先

CrowdWorks(クラウドワークス)

 

オススメバイト③:単純作業全般、短期バイトとか

超現実的なアルバイトですが、単純作業を週に何日かやるようなアルバイトはかなりオススメです。人とかかわることもほとんどないですし、ニート気質なら夢中になって作業できる可能性が高いです。

 

レーンについてお弁当の葉っぱを一枚ずつのっけてく作業みたいなイメージです。意外とこういうバイトの求人ってあるんですよ。

 

普通のリア充的な人は嫌がりますが、我々からすると中々魅力的な仕事です。それに一緒に働く人も似たような境遇の人が多いのも魅力の一つです。

 

時間が来るまで黙々と作業して、チャイムが鳴ったら一斉に帰る。ストレスという観点からみると最高の仕事です。精神を揺さぶられるようなことが起きない(クレームとか)ので安定して働けるし、お金もそれなりに貰えます。

 

短期バイトも単純作業がほとんどなので、チマチマ働くにはもってこいです。短期バイトだけでも、無駄遣いしなければ十分な生活費は稼げますよ。

 

↓短期バイト専門の求人サイトはこちら

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

 

↓工場系の求人専門のサイトはこちら

ものづくり業界で未経験から正社員【工場ワークス】

 

 オススメバイト「おまけ」:サービスエリアに商品を配達するバイト

 これは友達が実際にやっていたアルバイトですが、軽トラに乗ってサービスエリアに荷物を届けて並べる作業らしいです。

 

運転は会社の人に任せて、ただ並べる作業だけを手伝うだけの仕事で、移動時間もすべて労働時間に含まれるので、実労2時間とかで日給が貰えるバイトだったらしいです(笑)

 

超楽で、移動中は寝てても良かったみたいで、「一日ドライブしてたら金がもらえたようなもん」だったらしいです。

 

こんな感じで、世の中色々とお金の稼ぎ方はあるので、「バイトと言ったら接客業!」と安易に決めるのではなく、いろいろな可能性を探してから決めましょう。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

【絶望】会社に行きたくない!どうやってモチベーションを維持するか

f:id:ikirunozinsei:20200326224147j:plain

こんにちは、イキルです。

 

最近本業の方が繁忙期のピークで、ブログを全く更新できない状況が続いています。

 

3月単月の残業が100時間に迫る勢いです…。これについては追って記事にしようと考えています。

 

さて今回は、「会社に行きたくない」と常々思っているであろう世の中のサラリーマンの皆さんに向けた記事を書きたいと思います。

 

皆さんも、

  • 上司が苦手、むしろ嫌い
  • オフィスを吹き荒れるパワハラの嵐
  • 異常な低収入
  • 朝が来るたびに感じる鬱
  • 度重なる残業(これホントにキツイですね…)

などで、だれしも一度は「会社に行きたくない…辞めたい」と思ったことがあると思います。

 

だからと言って行かないわけにもいかないし、辞めたら生活できない…なんて人がほとんどだと思います。

 

そこで、現在残業の嵐で苦しんでいる私が、キツくてもなんとか働き続けるための、モチベーションを維持する方法を紹介したいと思います。すべて私が実際にやっていることです。

 

 

ミスしたら「バックレる」ぐらいの気持ちで働く

会社に居て一番きついときは、「ミス」をしてしまった時でしょう。

 

何とも言えない心拍数の上昇で、嫌な汗をかきます。私はこれが大嫌いなため、大きなミスをしてしまったら、黙って家に帰ってそのままバックレてしまう気でいます(笑)

 

それが私の会社の辞め時、また、セミリタイアの開始時になることでしょう(笑)

 

少し冗談みたいな話ですが、割と本気でこう考えています。幸いにも今は、「退職代行」というサービスもあるので、バックレつつこれを利用して会社から綺麗にフェードアウトすることが出来ます。いい時代ですね…。

 

まぁこんな感じで、若干投げやりなぐらいが、会社員として働くメンタリティとしては適切だと思います。そうじゃないと上記のストレスに耐え切れずにうつ病なんかになってしまいます。

 

ヤバいと思ったら逃げるのは有効な手段です。

 

まずはモチベーション云々の前に、身の安全を最優先に考えましょう。

 

最近はバックレを合法的に出来るようなサービスあるので、利用してみるもの良いでしょう。

 

↓退職代行に任せれば安心して辞められます。

退職代行サービスのNEXT

投資もして、最終的に脱出「セミリタイア」を目標に据える

人間は終わりのない苦痛には耐えられません。キツイサラリーマン生活にも、いつか「終わり」が来ると思っているからこそ、皆耐えることが出来るのです。

 

ほとんどの人が考える終わりは定年退職でしょうが、これでは苦痛に耐える期間があまりにも長すぎます。私にはとても耐えられません。途中で発狂してしまう事でしょう。

 

そこで、私はセミリタイアを目標に据えました。

 

セミリタイアしてこんな生活を送りたいです。

ikirubrog.hatenablog.com

 

セミリタイアをするためには、お金が必要です。

 

この資金を貯めることを「会社に行く」ことのモチベーションと連結させています。

 

このように考えれば、本来キツイ残業も、資金が早く貯まる賃金割増のボーナスタイムになり得るのです(笑)

 

実際には、セミリタイアならそこまでの資産を必要とはしないはずですが、やはり大いに越したことはありません。

 

私の場合は投資をして、配当収入も受け取るつもりでいる(今はまだまだ少額ですけど)ので、これもぜひやってみた方が良いと思います。会社以外からの収入があるというのは、安心感が違います。

 

↓今はTポイントも投資に回せるみたいです。スゴイ時代ですねホント…。

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

 

実家に帰る(メンタルが安定する)

最後に、一押しのメンタルの維持法ですが、やはり実家に帰って、家族とともに生活することだと思います。

 

単純に生活が安定する(金銭面、食事、生活習慣等)という事もありますが、もっと大きなこととして、誰かに「心配して貰える」という事が大きな力になります。

 

気休めではなく、心配して貰える人としてもらえない人とでは、人生が大きく変わってくると思います。

 

例えば、一人暮らしでは、ブラック企業で消耗していたとしても、お金が無いと生活できないし、辞めることは甘えみたいな訳の分からんクソ思考のせいで中々退職に踏み切れず、結果としてうつ病になってしまう。なんていうケースはいくらでもあると思います。

 

対して実家暮らしなら、そうなる前に、「家族」という第三者の目が入るので、「あんたの会社おかしくない?」とか「そんな会社辞めた方が良い」といった感じで警告をしてくれ、退職してうつ病を回避することができた。なんてことがあるかもしれません。

 

家族なので、ただの第三者とは違い、真剣な意見をくれるのも大きな強みですよね。

 

私が実家暮らしを辞めない理由の中でも、真摯な意見をくれるというのはとても大きいです。

 

単純にお金もたまりやすいので、セミリタイア資金をさらに効率よく確保できるため、仕事をするモチベーションアップにもつながることでしょう!

 

【関連記事】

 

ikirubrog.hatenablog.com

ikirubrog.hatenablog.com

ikirubrog.hatenablog.com